sidebar_top高分子バイオ医学特注機器aidebar_bottomお問い合わせ E-MAIL
半自動射出成形機 18F1
フィルム真空成形+射出成形仕様
 
本機は、フィルムの真空成形後、射出成形をするための装置です。
主に下記の作業を行うものです。
 メス型にフィルムを装着
   ↓
 フィルム加熱
   ↓
 メス型にフィルムを真空吸着させる
   ↓
 オス型下降
   ↓
 ピストン下降し、射出成形
型式 IMC-18F1型
外形寸法 L1200×W750×H2138mm(作業台含む)
入力電源 本体:三相200V 真空ポンプ:単相100V
消費電流 本体:最大約13A 真空ポンプ:3.9A
ポンプ排気速度 80L/min(50Hz) 88L/min(60Hz)
供給エア圧 0.4MPa(最大1.0MPa)
エアシリンダ直径 ピストン:φ140mm オス型:φ50mm
成形品サイズ 60×60×高さ約30mm 厚さ3mm 升型 隅部R8
各部最高温度 シリンダ:350℃ オス型:300℃ メス型:100℃
フィルム加熱板:450℃
安全装置 過電流遮断器、非常停止ボタン、安全カバー(インターロック付)
付属品 取扱説明書、専用作業台、真空ポンプ
※仕様および外観は、性能向上その他により予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。