sidebar_top高分子バイオ医学特注機器aidebar_bottomお問い合わせ E-MAIL
デュポン衝撃試験機(手動式) 156B
 
本機は、一定の球面を持つ撃芯と、その球面に合致するへこみを持つ受台の間に試料を挟み込んで、任意の高さから重錘を落下させ、試料の損傷状態を比較測定する装置です。また、マグネット落下方式の機種、プラスチック用も取り揃えております。
型式 IMC-156B型
外形寸法 W500×D300×H837mm
落下重錘 300g・500g・1000g
撃芯先端R 12.7・6.3・4.7・3.2・1.6mm
受皿へこみ 平面・6.3・4.7・3.2・1.6mm
落下高さ Max 500mm
参考規格 JIS K 5400
※仕様および外観は、性能向上その他により予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。