sidebar_top高分子バイオ医学特注機器aidebar_bottomお問い合わせ E-MAIL
大型部品用手持ち式引掻き試験機
 
この試験機は、φ3㎜の鋼球を1~5㎏の荷重で押し当てながら、10㎜程引っ掻いて、コーティング膜の破れる程度を試験する器具です。
鋼球の荷重は、内蔵の圧縮ばねの高さをマイクロメータで加減して設定することにより、任意の値にできます。 ワークに傷が付かないように、試験機を支えるローラーはウレタンモールドベアリングを2個使用し、ワークの端面をガイドするスライドプレートはMCナイロン製です。
引掻き針とするφ3㎜鋼球は、鋼球ホルダの袋ナットを外して交換できます。
外形寸法 本体:W80×H140×D50㎜
指示計:W88×H152×34.5㎜
負荷荷重 1~5㎏
荷重調整方式 マイクロメータによる圧縮ばね取付け高さ調整
荷重測定 ロードセル(定格容量100N)
引掻き針 φ3mm鋼球(交換可能)
ローラー ウレタンモールドベアリング
ローラー位置 中央2箇所
※仕様および外観は、性能向上その他により予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。