sidebar_top高分子バイオ医学特注機器aidebar_bottomお問い合わせ E-MAIL
小型混練押出特性試験機 1891
 
本機は、混練押出特性試験機の小型版で、混練、または押出におけるトルク値を出力するとにより様々なデータ評価試験やシミュレーションを行うことができる装置です。また、通常のミキサ・混練機・混練押出機としてもご使用いただけます。
ミキサ・一軸スクリュー・二軸スクリューの各ユニットおよび、多層フィルムの作成等、様々なオプションを取り揃えております。
型式 IMC-1891型
外形寸法 L601×W493×H400mm
質量 約80kg
入力電源 単相100V (電源プラグ3個)
消費電流 最大35A
混練回転速度調整範囲 最大75/90rpm (50/60Hz)
混練回転出力回転方向 カップリング面を見て反時計方向
混練回転トルク表示 最大50N・m
加熱温度調整範囲 RT~400℃(取り付けユニットによる)
取り付け可能ユニット ミキサユニット(30cc、イリプスブレード) IMC-1892型
ミキサユニット(50cc、イリプスブレード) IMC-19D4型
一軸混練押出ユニット IMC-1893型
表示器 混練回転駆動周波数表示器、混練回転トルク表示計、
温度調節器、ヒーター通電表示灯
操作系 電源スイッチ、混練回転起動/停止ボタン、
混練回転速度調整ツマミ、ヒーター出力スイッチ
安全装置 過電流遮断器、非常停止ボタン
付属品 取扱説明書
※仕様および外観は、性能向上その他により予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。